氷上でもドーム船でも屋形船でも!冬だからこそ楽しめるワカサギ釣りの魅力

冬でもできるワカザギ釣りの楽しみ方

釣りの魅力は様々!釣れて嬉しい!食べて美味しい

初心者必見!ワカサギ釣りに必要なもの

ワカサギ釣りはドーム船や屋形船など室内でできる場合と、氷上に穴を開けて釣る場合とがある。
施設によっては貸し出ししているところもあるが、いずれの場合もワカサギ釣りをする場合、次の物を用意するとよいだろう。
1、ワカサギ釣り用の釣り竿
2、リール(電動のリールの方が初心者には簡単)
3、折り畳み椅子(氷上で座る為、船の場合は不要)
4、クーラーボックス(釣ったワカサギを入れる為)
5、指先が出ている手袋(防寒の為手袋は必要だが細かい作業が必要となるので手先が出ているもの)
6、氷に穴をあける器械(船の場合は不要)
7、エサ(サシ、紅サシ、赤虫、ラビットなどが一般的。加工エサでもよいが、生きたエサの方が釣れる)
8、仕掛け(ワカサギ釣り用針、オモリ、糸など。釣り具店で相談して購入しよう)
9、小型のハサミ(エサを切ったり、仕掛けの手直しに使用)
10、タオル(手で魚をつかんだりする為、何枚かあるとよい)

自然の環境を考慮して雪対策や防寒対策を

ワカサギ釣りは楽しいものだが、氷上でする場合、自然環境との闘いも考えなくてはならない。
服装は、氷上で長時間じっと釣れるのを待たなければならないので、防寒対策は万全にしたい。
毛糸の帽子に耳あて、そしてカイロも持っていこう。
そして足元から冷えるのを防止する為に厚手の靴下に長靴もお勧めする。
運動靴では濡れてしまった場合、余計に冷えてしまう。
施設によっては、ミニストーブ、テント、ランタンなどを借りられるところもある。
防寒対策は念には念を入れて準備しよう。
氷上ワカサギ釣りの場合、車で移動する際は、スタッドレスタイヤもしくはタイヤチェーンの準備も必要だ。
普通タイヤで出かけ、天候が悪化した場合、車を走らせることができなくなることも考えられる。
雪の情報が出ている場合、駐車する場所にも注意が必要だ。携帯の充電切れなどないように、万全の準備をして臨もう。


この記事をシェアする